絵カード交換式コミュニケーションシステム® Picture Exchange Communication System ® (PECS®)
PECS®(ぺクス)とは何か?
PECS は、アンディ・ボンディ Ph.D.とロリ・フロスト M.S. CCC-SLP によって 1985 年に米国において開発さ れたユニークな代替/拡大コミュニケーションシステムです。PECS は、デラウエア自閉症プログラムにお いて自閉症の診断を受けたプリスクールの生徒に初めて実践されました。それ以来 PECS は、様々な 認知的、身体的、コミュニケーションの困難を持つあらゆる年齢層の対象者に対して世界中で実践され てきました。
PECS の指導マニュアルは、B.F. スキナーの著書である Verbal Behavior 言語行動 (1957) と広範囲の応 用行動分析の知見に基づいています。自立してコミュニケーションを行えるようになるためにマニュアル を通じて特定のプロンプト方略や強化方略を使います。マニュアルには、生徒が間違ってしまった場合 でも、正しい学習を促進するために系統的なエラー修正手続きも網羅されています。指導の際に言語指 示は出しません。そうすることで、速やかに自発的コミュニケーションを確立し、指示待ちを避けることが できます。
PECS は 6 つの指導段階(フェイズ)で構成されています。最初は、対象者が 1 つ欲しいアイテムがあっ たら、1 枚の絵カードを“コミュニケーター”に渡すことを指導します。コミュニケーターは、要求としての絵 カードの交換に対して即時に応じてあげます。次第に指導は、絵カード間の弁別や文カード上に絵カー ドを並べて文構成することへと移っていきます。さらに進んだフェイズでは、修飾語や質問に応答するこ と、コメントすることを指導します。以下に PECS の 6 つのフェイズをまとめました。より詳細な説明を知り たい方は、PECS トレーニングマニュアル第 2 版をご覧ください。
PECS® フェイズ

簡単な説明

フェイズ I: コミュニケーションの方法

対象者は望んでいるアイテムや活動に関する 1 枚の絵カードの交換を学 ぶ。
指導は、コミュニケーターが対象者の最も欲しいアイテムの絵カードを 1 枚提示して始める。対象者は、要求のものと交換するために絵カードを拾 い上げ、コミュニケーターの手のひらに渡す。コミュニケーターは、命名し ながらアイテムを渡す(たとえば「ボール」と言う)。このフェイズを教えるた めに 2 人の支援者(コミュニケーターと身体プロンプター)が必要。この時 点で、絵カードを理解し区別できてなくても構わない。
PECS トレーニングマニュアル, 第 2 版 67-89 ページ参照。
フェイズ II: 距離と持続性

対象者は、いろんな場所・人々・距離にあるコミュニケーションブックやコミ ュニケーターに対して、自ら移動して絵カードを交換するように般化を学 ぶ。さらに対象者には、持続的にコミュニケーションするように指導する。
ここでも 1 枚の絵カードを提示し、絵の理解や区別は求めない。マジック テープのついたバインダーであるコミュニケーションブックを使うようにす る。
PECSトレーニングマニュアル,第2版 93-119ページ参照。

フェイズ III: 絵カードの弁別

対象者は、好みのものを求めるためにコミュニケーションブックの 2 枚以 上の絵カードから選択することを学ぶ。
弁別トレーニングは、好みのものと好みでないものの絵カードのシンボル の弁別から始める。弁別の指導は、好みのアイテムの複数の絵カードの シンボルへと段階的に進めていく。
PECSトレーニングマニュアル,第2版 123-156ページ参照。

著作権 2013, ピラミッド教育コンサルタント 複製可

フェイズ IV: 文構成

対象者は、着脱可能な文カードTM上に要求のアイテムの絵カードと 「ください」カードをつなげて貼り付け、簡単な文を構成することを 学ぶ。
2 枚の絵カードの構成と交換は、最初、文カードTM上に「ください」カ ードを貼り付けておき、対 象者に要求のアイテムの絵カードを文カードTM上に置くことから指 導を始める。次に要求の絵カードと「ください」カードの両方を貼る こと、文カードを指さすことへと段階的に指導していく。コミュニケー ターは文カードを読み返して、ある程度発語を促すようにするが強 制してはいけない。もし発語が出たら、分化強化するようにする。 PECS トレーニングマニュアル, 第 2 版 159-181 ページ参照。

属性語と言語の拡張


対象者は、形容詞、動詞、助詞や接続詞などを加えて文の拡張を 学ぶ。
「大きいビーズください」のような文の拡張を指導する。修飾語の 理解は予め必要ではない。対象者にとって重要な属性語であると いう観点に基づいて概念を指導するようにする。
PECS トレーニングマニュアル, 第 2 版 185-206 ページ。

フェイズ V: 応答による要求


対象者は、「何が欲しいですか?」という質問に答えて PECS で要 求することを学ぶ。
PECS の指導手順では、コミュニケーターは対象者が欲しがってい るものについて質問を尋ねるようにする。「何が欲しいですか?」と 聞くときに、文カードを指す身振りプロンプトを使う。繰り返していく 中で、プロンプトは段階的に外していき、様々な質問に答えられる ようにしていく。フェイズ I から IV で指導した自発的コミュニケーシ ョンを維持することを忘れないようにするのは重要である。
PECS トレーニングマニュアル, 第 2 版 209-219 ページ参照。

フェイズ VI: コメント

「何が見えますか?」「それは」何ですか?というような質問に応答 することでコメントを指導する。対象者は「見えます」「聞こえます」 「です」などの述語カードを使って文構成することを学ぶ。
最終目標は、対象者の周囲で起こった出来事についてコメントす ることである。対象者によっては、単純に人のリアクションが強化 的ではないかもしれない。そこで、このフェイズは、対象にとって楽 しくて面白い教材やレッスンを使ってコメントの質問に応答すること で始める。
PECS トレーニングマニュアル, 第 2 版 223-240 ページ参照。
PECS の第一の目標は機能的コミュニケーションを指導することだということを念頭に置くのは重要です。 研究によると PECS を使っている対象者の中に発語をし始める人もいることが実証されています。他は、 発語を促進する機器に移行する場合もあります。研究の裏付けのある実践として、PECS の有効性を支 持する研究全体は、世界中の国々の研究で実証され拡大し続けています(http://www.pecs- japan.com/Research.htm.)。
PECS に関してより情報が欲しい方は http://www.pecs-japan.com/を開いてみてください。PECS に関連 するビデオをご覧になりたい方は http://www.pecs.com/webcasts/overview.php を開いてみてください。
PECS のワークショップやコンサルテーションについての情報が欲しい方は、ピラミッド教育コンサルタン トオブジャパン(株)までご連絡ください。電話:093-581-8985 or EMAIL:pyramidjp@pecs.com(担当: 後藤)まで
著作権 2013, ピラミッド教育コンサルタント 複製可

PECSの全体像をつかむには、ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社から発売されている「絵カード交換式コミュニケーションシステム概要紹介DVD」(4,500円)が日本語吹き替え入りで最もわかりやすいのでお薦めですが、無料で知りたいという向きには英語版ですが、次の動画が5分半程度の長さで簡潔にまとまっています。英語がよくわからなくても、やっていることは何となくわかります。
http://youtu.be/aouSfDAW-Q8

アメリカにあるPECS本部が制作した動画で、PECSを始めるにあたって何をしたらよいかが3分間で簡単にわかります。
https://m.youtube.com/watch?v=Hs-412lhXb0

powered by crayon(クレヨン)